11月8日はいいおっぱいの日

2017/03/21

1108karube0

11月08日はいいおっぱいの日だそうです。

いいおっぱいの日というのは単に語呂合せなのですが、岡山はおっぱい神社として有名な神社があります。

おっぱい神社は他にも熊本県湯前町や北海道十勝郡浦幌町にもありますが、総社市と合併する前の清音村が村おこしの目的で、人気テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に応募して紹介されたことをきっかけに、全国的に有名になりました。

軽部神社

1108karube1

おっぱい神社こと軽部神社は総社市清音にあります。神主さんはおらず、無人社として管理は総社市がしています。

創建は古く、鎌倉時代滅亡後の建武元年(1334年)に福山城(備中国)城主の大井田氏により祈願所として軽部山の山頂に作られたとされています。
建武3年に1336年、足利尊氏の弟である足利直義に率いられた軍勢により福山城は落城し、社殿も燃やされてしまいました(福山合戦)。その後再建されましたが、何度も燃えてしまっています。

垂乳根の桜

1108karube2

軽部神社は実際はおっぱいの神様を祀ってはいません。
それなのに、どうして、乳神様として信仰の対象となったのでしょうか。

実は軽部神社の境内には垂乳根(たらちね)の桜と呼ばれる見事な枝垂れ桜があり、そのため、いつしか地元で乳神様として信仰されるようになったのです。

残念ながら、昭和15年(1940年)に枯れてしまいましたが、樹齢400年ほどの垂乳根の桜は、根株がいまでも境内にて保存されています。

地元の洋画家児島虎次郎によって、往時の垂乳根の桜は描かれ、大原美術館にて収蔵されています。

垂乳根の桜は枯れてしまいましたが、軽部神社は安産や胸の病気を治す乳神様として女性から信仰されており、おっぱいをかたどった絵馬を奉納する風習が現在も残っています。

絵馬奉納キットと和菓子たらちね


総社吉備路商工会では軽部神社に奉納するための絵馬奉納キットと和菓子を特産品として販売しています。

軽部神社絵馬奉納キットは、祈念済みのストラップお守りと一緒に販売しています。

和菓子のたらちねは、この軽部神社の垂乳根のさくらをモチーフにしたもので、児島虎次郎のお孫さんである児島塊太郎さんにパッケージを作成してもらっています。

所在地:岡山県総社市清音軽部

岡山県総社市清音軽部

軽部神社に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

5月17日は福山城が落城した日
3月8日は児島虎次郎の命日

-11月