1月11日は神戸事件があった日

2016/12/08

18680204_0

1月11日は神戸事件があった日です。

慶応4年1月11日(1868年2月4日)に神戸の三宮神社近くで備前藩の隊列を強引に横切ろうとしたフランス水兵を、怒った備前藩士が負傷させ、銃撃戦に発展し、一時神戸中心部が外国の軍隊に占拠されました。明治政府初の外交事件です

ハレオ
待って!神戸になんで岡山藩士がいたの?
カズ
明治新政府側から西宮の警備を命じられて、岡山からに西宮に向かっていた途中だったらしいよ
カズ
つまり明治維新の時、岡山藩は新政府軍側だったんだね
ハレオ
それにしても、神戸にそんな事件が、それも岡山に関係があったの知らなかった
カズ
神戸が、香港やマカオみたいに外国の租界地になっていた可能性もあるよ

備前藩第三砲兵隊隊長の瀧善三郎が結果として責任をとって切腹しました。

三宮の地名の由来となった三宮神社境内の一角に「神戸事件発生の地」を記す石碑が史跡として保存されています。

所在地:兵庫県神戸市中央区三宮町2-4-4

兵庫県神戸市中央区三宮町2-4-4

神戸事件発生までの出来事

年月日 できごと
文久2年8月21日(1862年9月14日) 生麦事件
慶応3年12月7日(1868年1月1日) 神戸港開港
慶応3年12月9日(1868年1月3日) 王政復古の大号令
慶応3年12月28日(1868年1月22日) 備前藩、明治新政府より西宮警護を命じられる
慶応4年1月3日(1868年1月27日) 鳥羽伏見の戦い始まる
慶応4年1月4日(1868年1月28日) 日置帯刀隊、岡山を出発
慶応4年1月6日(1868年1月30日) 徳川慶喜大阪城から江戸へ逃走
慶応4年1月7日(1868年1月31日) 徳川慶喜追討令
慶応4年1月11日(1868年2月4日) 神戸事件

神戸事件に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

2月9日は岡山藩士瀧善三郎の命日

-1月
-