12月10日は小田県が地図から消えた日

2016/05/12

18751210oda_1

明治8年(1875年)12月10日に小田県が岡山県に合併されました。

明治4年(1871年)11月15日に廃藩置県により岡山県西部、広島県東部を管轄するために深津県が設置されましたが、明治5年6月5日には小田県と改名され、小田県の県庁は笠岡代官所跡に置かれました。

小田県は備中国、備後国東部5郡から構成されており約53万石と、岡山県(備前国)、北条県(美作国)と3県の中で最も大きく、人口も圧倒していました。
しかしながら、小田県は自分よりも小さな岡山県に編入され、後に北条県も岡山県に編入されました。

ハレオ
一つ疑問があるんだけど?普通に考えると大きい小田県が岡山県と北条県を合併するのが自然じゃない?
カズ
広島県東部っていうのが今の福山。備後福山藩は江戸時代、有力な譜代大名が治めて西国への抑えの役割を期待されていたから、新政府側にとって目の上のたんこぶ的な存在だったみたい。
ハレオ
でも明治維新のとき福山藩は徹底抗戦したわけじゃないんだろ?
カズ
そうなんだけどね~
カズ
福山藩は廃藩置県で最初、備中の地域をあわせて深津県とする予定だったらしいけど、深津県のもとになった福山城のある深津に県庁を置く予定をひっくりかえされて、笠岡の代官所跡に県庁をおいて深津県に含まれることになったんだよ
カズ
そして、県庁のある笠岡の地名から小田県にすぐに変更したんだ
ハレオ
でも小田県もすぐになくなって岡山県になったと…
ハレオ
そして小田県のうち旧福山藩は広島県に…
ハレオ
翻弄されてるな
カズ
最終的には、その理由は現在でも不明らしいよ

18751210oda_2

小田県がなくなった後、小田県庁跡に笠岡小学校が移転され、県庁の門は小学校の門として現在も残っています。

また小田県庁の門はもともと妹尾陣屋の門であり、県庁設置にともなって移転したものです

小田県県庁跡

小田県県庁跡は現在笠岡小学校の敷地になっています。
所在地:岡山県笠岡市笠岡1870

岡山県笠岡市笠岡1870

小田県に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

5月26日は「芋代官」井戸正明の命日

-12月