4月18日は岡山県が成立した日

2016/04/27

4月18日は岡山県が成立した日です。

明治9年(1876年)4月18日に岡山県が北条県を合併し、明治8年(1875年)12月10日に合併していた小田県のうち備後国部分(現在の福山市と尾道市東部の一部・府中市の大部分と神石高原町に当る地域)を広島県に移管して、現在の岡山県域がほぼ作られました。

古代日本の有力勢力だった吉備国は、大和朝廷により警戒され、備前国、備中国、備後国に分割され、さらには備前国は再分割されて美作国が生まれました。

戦国時代には宇喜多直家により備前国、美作国は支配され、備中は毛利家が支配しました。
関ヶ原の戦いに敗れた宇喜多秀家に代わり、小早川秀秋が備前国、美作国の領主となりましたが、断絶したため、備前国は池田家が、美作国には森家が新たな領主となりました。

江戸時代は備前国は池田家が継続して治めましたが、美作国、備中国は細分化され、諸藩や天領、飛び地など入り混じった状態になっていました。

明治4年7月の廃藩置県と11月の第1次府県統合により備前国は岡山県、備中と備後国東部は深津県、美作国は北条県と集約されました。

明治8年に小田県を、明治9年に北条県を編入し、ほぼ現在の岡山県が成立しました。

岡山県成立

年月日 できごと
慶応3年10月14日(1867年11月9日) 大政奉還
明治2年6月17日(1869年7月25日) 版籍奉還により池田章政が岡山藩知事に、松平慶倫が津山藩知事に任命される
明治4年7月14日(1871年8月29日) 廃藩置県
明治4年11月15日 深津県・北条県成立
明治5年6月7日 深津県が小田県に改称
明治8年(1875年)12月10日 小田県を編入
明治9年(1876年)4月18日 北条県を編入、旧備後国の地域を広島県に移管

岡山県に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか
12月10日は小田県が地図から消えた日

-4月