6月26日は「備中松山藩の藩政改革者」山田方谷の命日

2017/01/11


6月26日は備中松山藩藩政改革者、山田方谷の命日です。

明治10年(1877年)6月26日に山田方谷が亡くなりました。

備中松山藩主となった板倉勝静のもと、藩政に参加し、財政や軍政の改革に成功しました。

板倉勝静が江戸幕府の老中となると、それを補佐し、明治維新の指導者たちにも影響を与えています。

戊辰戦争の後、藩主不在となっていた備中松山藩ですが、山田方谷により無血開城をなしとげました。

方谷駅

伯備線方谷駅は昭和3年(1928年)に開業しています。駅が作られるときに、山田方谷の旧宅と長瀬塾跡に建つことになったため、地元の方が、ぜひ駅名に「山田方谷」先生の名前をと請願し、それまで人名が駅の名前になったことはないにもかかわらず、全国唯一の人名の駅となりました。

方谷駅所在地:高梁市中井町西方9194

山田方谷に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか?

1月18日は備中松山城が山田方谷により無血開城した日

-6月