3月18日は岡山駅が開業した日

2016/12/08

3月18日は山陽鉄道岡山駅が開業した日です。

明治24年(1891年)年3月18日に山陽鉄道の三石-岡山間開通に伴い、岡山駅が開業しました。当時はまだ鉄道が陸蒸気と言われる時代です。

そして、岡山駅開業直後の明治24年3月20日には、岡山市天神山にテーマパークの亜公園が誕生したため、鉄道を利用して遠方からも訪れる人が多かったそうです。

平成3年(1991年)3月18日は、岡山鉄道開業100周年として記念碑が建てられました。

岡山駅東口の北側に今も記念碑がありますが、普段は草に覆われ、これが記念碑だと知る者も多くはいません。

ちなみに、仕出し・お弁当で岡山人には馴染み深い三好野は、当時は高級旅館を営んでいました。そして、山陽鉄道開設の前には、岡山駅前のそばに三好野花壇を開業し、岡山駅の用地取得に協力しました。
その協力のため、山陽鉄道岡山駅の構内の支度所の運営を任されました。汽車で旅行をするのは大変なことだったらしく、親しいひとたちによって、出発前に宴席を設け、盛大に見送りをしたそうです。

そして三好野は山陽鉄道が倉敷まで延長されたことをきっかけとして、駅弁の発売を始めました。

岡山駅開業に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

3月20日は「明治のテーマパーク」亜公園が開園した日

-3月