12月21日は中国銀行が誕生した日

12月21日は中国銀行が誕生した日です。
昭和5年(1930年)12月21日に第一合同銀行と山陽銀行が合併して中国銀行が誕生しました。

第一合同銀行は倉敷市が拠点の銀行でした。
山陽銀行は津山市が拠点の銀行でした。

中国銀行という名前は、中国地方に大きくはばたくよう、当時の大蔵大臣だった井上準之助自ら名前をつけたものです。中国銀行の初代頭取には倉敷の実業家大原孫三郎が就任しました。
(そのため、他県では中国にある銀行とよく間違えられます)

中国銀行に関するその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

12月9日は中国銀行が生まれた日

11月27日は吉備路文学館が開館した日

-12月