9月21日は「昭和三大台風」室戸台風が岡山を直撃した日

2017/01/11

9月21日は昭和の三大台風と呼ばれる室戸台風が上陸した日です。

昭和9年(1934年)9月21日に室戸台風が京阪神に上陸し甚大な被害をもたらしました。

岡山県内でも死者145人、負傷者348人、家屋4560戸全半壊と影響を与えました。岡山市街地も旭川の相生橋も流され、堤防を越えた濁流が市街地に流れ込みました。

その際に、古京町にあった岡山藩家老の伊木家の屋敷を利用した荒手茶寮も水害に遭っていて、現在の後楽園に移築しています。

水の引いた市街地には大量の汚泥やゴミが残されてしまいました。

その処理はどうしたのでしょうか?

現在、岡山総合グラウンドになっているところは、当時は陸軍の練兵場でした。そこに住民だけでなく、軍隊も動員され、敷地内に埋め立てたのです。

平成15年(2003)年に新体育館の建設のため、総合グラウンドを発掘調査したところ、当時の家財道具や新聞、生活用品がでてきました。

現在、岡山県立博物館に収蔵されています。

参考
有限会社中塚銘木店 | 備前岡山のれん会
荒手茶寮

室戸台風に関するその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか?

11月13日は旧日本陸軍第17師団が創設された日

-9月