11月27日は岡山市役所が火事のため焼失した日

岡山市役所が火事のため焼失した日です。昭和14年(1939年)11月27日に旧市立中央南小学校にあった岡山市役所本館が焼失しました。その後、当時の岡山市長であった時実秋穂は責任をとって辞任しました。市庁舎を立て直したものの、結局岡山空襲で再び焼失しました。

時実秋穂は現在の瀬戸内市で生まれて東京帝大を卒業した後、内務官僚となり、朝鮮総督府知事、福岡市長をつとめ、岡山市長として2年間在任した後に、再び玉野市長となっています。
福岡市長在任中も、東亜勧業博覧会と博多港築港という大きな業績を残した名市長として福岡市の発展に貢献しました。

参考HP:西日本シティ銀行

-11月