3月15日は「ひかりは西へ」山陽新幹線の新大阪駅-岡山駅間が開業した日

2016/12/09

19720315

3月15日は山陽新幹線の新大阪駅-岡山駅間が開業した日です。

昭和47年(1972年)3月15日に旧国鉄のダイヤ改正により、山陽新幹線の新大阪駅-岡山駅間が開業しました。

東日本では昭和39年(1964年)に東海道新幹線が開通しており、東京駅と新大阪駅を結ぶ特別急行列車として「ひかり」がありました。

その「ひかり」を新大阪駅から博多駅まで通したいという願いを込めて、国鉄は「ひかりは西へ」というキャッチコピーを合言葉に新大阪駅から博多駅までの山陽新幹線の建設に邁進していました。

またこの山陽新幹線新の新大阪駅-岡山駅間開業によるダイヤ改正は、在来線に影響を与えています。
新幹線と重複する新大阪駅と岡山駅の間の列車は大幅に数を減らしました。
岡山駅と出雲市を結ぶ特急「やくも」が設定されました。
またこのダイヤ改正により、四国に初めて特急列車が走ることになりました。

昭和50年(1975年)3月10日に旧国鉄のダイヤ改正により岡山駅-博多駅間が開業し、新大阪駅を起点として博多駅を終点とする山陽新幹線が全線開業しました。

記録映像

岡山駅に関わるその他の記事

併せてこちらの記事はいかがですか

3月18日は岡山駅が開業した日

-3月