12月2日は吉備津神社をイメージした総社駅の使用開始日

2016/11/28

19981202soja1
平成10年(1998年)12月2日橋上駅化された総社駅の使用が開始された日です。
この橋上駅化された新駅舎、翌平成11年(1999年)1月11日に開業する井原線の乗り入れに合わせて総社市とJRが負担して改築をすすめてきたものです。
駅舎の外観は吉備路の玄関口として吉備津神社をイメージした建物となっていて、神社の屋根や回廊、鳥居などを模しています。

橋上駅(きょうじょうえき)は、駅舎機能をプラットホームの上階部分に集約した鉄道駅、あるいはその駅舎(橋上駅舎)のこと。跨線橋と駅舎を一体化したような構造を持つ。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1月11日は井原鉄道が開業した日

-12月