岡山幕末歴史年表

幕末、明治維新における岡山の年表を記載します。特に岡山に関わるものについては、太字にしています。

年月日 できごと
嘉永6年6月3日(1853年7月8日) ペリー艦隊浦賀来航
安政5年6月19日(1858年7月29日) 日米修好通商条約調印
文久3年2月8日(1863年3月26日) 池田茂政、備前岡山藩主継承
慶応2年1月21日(1866年3月7日) 薩長同盟成立
慶応2年4月10日(1866年5月24日) 倉敷騒動(脱走した長州藩士による倉敷代官所襲撃事件)
慶応2年4月12日(1866年5月26日) 浅尾騒動(脱走した長州藩士による浅尾藩陣屋襲撃事件)
慶応3年10月14日(1867年11月9日) 大政奉還
慶応3年11月15日(1867年12月10日) 坂本龍馬、近江屋事件にて暗殺される
慶応3年12月9日(1868年1月3日) 王政復古の大号令
慶応4年1月3日(1868年1月27日) 鳥羽伏見の戦い始まる
慶応4年1月4日(1868年1月28日) 日置帯刀隊、岡山を出発
慶応4年1月6日(1868年1月30日) 徳川慶喜大阪城から江戸へ逃走
慶応4年1月7日(1868年1月31日) 徳川慶喜追討令
慶応4年1月11日(1868年2月4日) 備前岡山藩に松山藩征討がくだる
慶応4年1月11日(1868年2月4日) 神戸事件
慶応4年1月17日(1868年2月10日) 備前岡山藩、東海道先鋒を命じられる
慶応4年1月18日(1868年2月11日) 備中松山城、無血開城
慶応4年1月22日(1868年2月15日) 玉島騒動で熊田恰切腹
慶応4年2月9日(1868年3月2日) 瀧善三郎切腹
慶応4月3月15日() 池田章政、備前岡山藩主を継承
慶応4年9月8日(1868年10月23日) 明治天皇即位により明治に改元
明治2年5月18日(1869年6月27日) 榎本武揚が新政府軍に降伏、戊辰戦争終結
明治4年(1871年)11月15日 廃藩置県
明治10年(1877年)6月22日 山田方谷没